老犬ホームあん|犬と生きる

犬と人間の幸せな共存|犬の幸せを考える

サク 虹の橋を渡りました。

先週 22日の朝7時58分にサクが虹の橋を渡りました。静かな最期でした。 超高齢のサク、一時預かりで来てくれたのですが サクが「老犬ホームあん」を気に入ってくれて入所となった子です。 一時預かりから帰る際 車の中でも暴れ、帰宅後もパニック状態のようになったとのこと。17年間で初めてだそうです。翌日 すぐに連れて来てくださり入所。穏やかにゆっくり過ごしていました。 ランで作業してる時はデッキでずっと見てました。気が向くとデッキから降りて私の側に。 ポッキーの排便をしてる時もヨチヨチ寄ってきては足元でくつろいでました。 人間のようなサクでした。 優しい表情でジーっと見てきます。朝は早くランに出たくて私が犬舎に入ると慌てて起きてました。 徐々に寝てる時間が増えてきましたが それでもランが好きでした。 ギリギリまで自立歩行ができたサク、素晴らしいです。 キツイ低気圧の到来とともに元気がなくなりました。完全に食べず、寝たきりになったのは二日間だけでした。その間も特に苦しそうな感じもなく 持ち直したらまだ数ヶ月は頑張るかな と思ったぐらいです。 その日は皆の散歩も終わり朝食も済ませた時でした。寝たのかって思ったぐらい自然な感じで身体に手を当てて旅立ったのがわかるぐらいでした。 EU生まれEU育ちのサク、最期に老犬ホームあんに来てくれました。 運命というか縁というか ほんとに不思議な出会いです。ここを気に入ってくれてました。 優しい笑顔のサク、素晴らしい飼い主様とのご縁も繋いでくれました。 ありがとう。 119 047.JPG 116 093.JPG 116 088.JPG 116 087.JPG 116 080.JPG 入所時からご寄付を頂きました。ありがとうございました。 いつも思うことですがワンコ達に素敵なご縁を頂き感謝です。これまで良縁しかありません。 サクが大好きなランでウロウロしてるようです^^ ~起こることすべて良し~ ゆっくりして見守って下さいね サク。 ありがとうございました。