老犬ホームあん|犬との共存

犬と人間の幸せな共存|犬の幸せを考える

エン 虹の橋を渡りました。

先週 12日にエンが虹の橋を渡りました。 歩き方がおかしく病院にいったところ「ヘルニア」との診断。 以前にもヘルニアの手術をしているエン、飼主様、先生とも相談し手術はしない方向で薬を飲んでいました。 高齢のワンコは外科的な処置が難しくなっています。 基本的にゲージレストで様子を。外に出る時は抱っこで少し土の上に下ろす程度で過ごしていました。 元気が落ちてきたので薬の影響かとも思いましたが飼い主様に御連絡、病院に行き精密検査をしました。 悪性の癌、非常に進行の早い癌 とのことでした。 余命宣告も・・・辛い時間でした。病院からの帰り 助手席で横になってる我慢強いエン、「エン」と声をかけると顔を持ち上げてこちらを見ます。一番つらいのはエンでした。 静かに眠るように旅立ちました。 エン。 橋本さん 005.jpg 橋本さん 010.jpg 227 010.JPG 245 070.JPG 465 180.JPG 強い子でした。 進行速度の非常に早い癌、症状が出だした時は既に手遅れのことが多く 一般の健康診断では早期発見は難しいとのことでした。 私が気づかない頃から病気と闘っていたエン 可愛そうなことをしてしまったと悔やみました。 大変しんどかったと思いますが最期まで私の呼びかけに反応してくれていました。 ありがとう エン。救ってあげれず ごめんね。 飼い主様は国外で大変なお仕事に従事されています。さぞ心配だったと思います。 辛い報告ばかりしか出来ず心が痛みます。申し訳ございません。 エンが旅立った翌日 飼い主様の身内の方がお迎えに来てくださいました。 飼い主様からの御寄付まで。ありがとうございました。 今後もファミリーのセイ・タンをしっかり見ていきます。 ありがとうございました。