老犬ホームあん|犬との共存

犬と人間の幸せな共存|犬の幸せを考える

追加費用。。

遅くなりました^^ 午前中から大型犬の御見学にお問い合わせ^^ 朝晩は寒くなってきました。日の出も遅くなってきて5時では暗くなっています。 季節が進んでいます^^ ただ日中の暑さが戻ってくるようです。 ヘルニアがあり後ろ足の動きが悪くなってきたトッティー、車椅子の練習を開始です。 トッティーはワンコが好きでいつも誰かと遊んでいます。 最近 皆の歩く速度についていけなくなってきました。いよいよ車椅子の出番です。 老犬ホームあん ではワンコが自分の力で頑張ろうとしている間はワンコに任せます。 過干渉はよくありません。 先日 虹の橋を渡ったミッシェル、オシッコを我慢して吠えて呼びます。「外でしかしたくない」ワンコの思いです。その気持は尊重しました。オムツやマナーバンドをつければいいのですがミッシェルの気持ちを無視できません。結局 一日に7,8回のオシッコです。夜中の見回りでもしていました。 トッティーもギリギリまで自分の力で皆と歩いていました。その間は見守ってあげることが大事です。 車椅子、上手にのっています^^ 老犬ホームあん のケアではオムツは基本的に付けません。もともと付けていた子や排泄の感覚を失う等 よほどの状況になってからです。 老犬=オムツ みたいな考え方はしません。この辺はプロとしての知識やプライドがあります^^ 犬にもプライドがあります。ワンコ達も色々考えます。考えての行動は尊重します。 ケアに使うもの、車椅子やオムツ、マナーバンド、床擦れ防止マット、母乳パッド、人間用のオムツ、トイレシート、滑り止めマット、シリンジに介助用ハーネス・・・沢山のものをその子に応じて使っています。 獣医先生とも色々相談しながら^^ 当然 年齢を重ねていけば使うものも増えていきます。床擦れの患部を保護する母乳パッドやマット、それによる追加費用はありません。当たり前ですが。 車椅子、レンタカー屋さんではないので追加費用は無し^^ ケアに要する物、ほとんどのものは犬のためではなく人間側が世話をしやすくするために使うものです。 老犬ホームあん ではドックランで自由にする時間をたくさん取っているため外での排泄の習慣がついていきます。犬達は賢いです。 ケアの高いレベルも必要、日常の良い習慣も必要です^^ 犬達が犬らしく生きていくことを一番に考えています。 ワンコ達^^ ジョン 頑張っています。 20 002.jpg 20 001.jpg 20 004.jpg 20 005.jpg ベル、風呂上がり^^ 20 003.jpg 20 006.jpg 20 007.jpg 20 012.jpg 20 008.jpg 20 010.jpg 20 009.jpg 20 011.jpg 20 014.jpg 20 013.jpg 20 015.jpg 20 016.jpg 20 018.jpg 20 017.jpg 20 020.jpg 20 023.jpg 20 022.jpg 20 019.jpg 20 024.jpg 20 025.jpg 20 027.jpg 20 026.jpg 20 028.jpg 20 029.jpg 20 030.jpg 20 031.jpg 20 036.jpg 20 032.jpg 20 035.jpg 20 033.jpg 20 034.jpg 20 038.jpg 20 041.jpg 20 039.jpg 20 042.jpg 20 040.jpg 20 037.jpg 20 046.jpg 20 048.jpg 20 043.jpg 20 044.jpg 20 047.jpg 20 045.jpg 20 051.jpg 20 052.jpg 20 053.jpg 20 049.jpg 20 055.jpg 20 050.jpg 20 054.jpg 20 057.jpg 20 058.jpg 20 059.jpg 20 060.jpg 20 062.jpg 20 063.jpg 20 061.jpg 20 066.jpg 20 065.jpg 20 064.jpg 20 067.jpg 20 069.jpg 20 071.jpg 20 068.jpg 20 070.jpg 20 072.jpg 20 073.jpg 20 075.jpg 20 074.jpg 20 078.jpg 20 077.jpg 20 076.jpg 20 079.jpg 20 082.jpg 20 081.jpg 20 083.jpg 20 084.jpg 20 080.jpg 20 085.jpg 20 088.jpg 20 086.jpg 20 087.jpg 20 091.jpg 20 092.jpg 20 089.jpg 20 090.jpg 20 095.jpg 20 094.jpg 20 096.jpg 20 093.jpg 20 097.jpg 20 100.jpg 20 098.jpg 20 099.jpg 20 102.jpg 20 103.jpg 20 106.jpg 20 101.jpg 20 104.jpg 20 105.jpg 20 108.jpg 20 109.jpg 20 107.jpg 20 110.jpg 20 112.jpg 20 116.jpg 20 113.jpg 20 115.jpg 20 111.jpg 20 117.jpg 20 118.jpg 20 122.jpg 20 120.jpg 20 124.jpg 20 123.jpg 20 119.jpg 20 121.jpg 20 125.jpg 20 127.jpg 20 128.jpg 20 129.jpg 20 131.jpg 20 126.jpg 20 130.jpg 20 134.jpg 20 132.jpg 20 135.jpg 20 133.jpg 20 136.jpg 20 139.jpg 20 137.jpg 20 138.jpg 20 140.jpg 20 142.jpg 20 144.jpg 20 143.jpg 20 146.jpg 20 145.jpg 20 141.jpg 20 148.jpg 20 147.jpg 20 149.jpg 20 150.jpg 20 151.jpg 20 152.jpg 20 153.jpg 20 155.jpg 20 156.jpg 20 154.jpg 20 157.jpg 20 159.jpg 20 158.jpg 20 160.jpg 20 163.jpg 20 161.jpg 20 162.jpg 20 166.jpg 20 165.jpg 20 168.jpg 20 171.jpg 20 170.jpg 20 172.jpg 20 169.jpg 20 174.jpg 20 173.jpg 20 167.jpg 20 178.jpg 20 177.jpg 20 175.jpg 20 179.jpg 20 176.jpg 20 181.jpg 20 182.jpg 20 183.jpg 20 180.jpg 20 185.jpg 20 188.jpg 20 189.jpg 20 190.jpg 20 186.jpg 20 184.jpg 20 187.jpg 20 194.jpg 20 195.jpg 20 191.jpg 20 193.jpg 20 192.jpg 20 196.jpg 20 198.jpg 20 201.jpg 20 199.jpg 20 200.jpg 20 203.jpg 20 197.jpg 20 202.jpg 20 209.jpg 20 204.jpg 20 207.jpg 20 206.jpg 20 205.jpg 20 208.jpg 20 212.jpg 20 213.jpg 20 211.jpg 20 210.jpg 昨日も大型犬のお問い合わせをいただきました。 難しいケースです。とにかく入所を進めるようなことを致しません。飼主様と一番良い方法を一緒に考えるというスタンスです。 海外赴任、帰国する数年後を考えないといけません。 ワンコの年齢を逆算し飛行機に乗れるのか、海外での病院事情等、住環境に検疫の手続きによるワンコに掛かるストレス、現実的な問題と気持ちの問題 難しいことです。 老犬ホームあん の相談窓口、現在NTTの手続き中です。近いうちにフリーダイヤルの開通となります^^ 高いケア力、ワンコ達の高い生活水準、レベルの高いサービス、低料金を更に目指します^^ ありがとうございました。