老犬ホームあん|犬との共存

犬と人間の幸せな共存|犬の幸せを考える

現場のプロのノウハウ・老犬ホームあん相談室。

第二弾。 雨は上がっています^^ 明日も遠方の御客様が御見学に来てくださいます。 わざわざ新幹線 利用で 総合ケアハウス・老犬ホームあん まで。 日本全国からワンコ達が来てくれています。 マイカーや航空機、送迎 アクセスが非常にいいです^^ 日本全国の送迎も可能です。 大阪伊丹空港からなら1時間ほどで来れます。 空港までのお迎えも無料です。 これまで様々な事例に対応してきました。 何でも御相談ください。 老犬の介護やケアの仕方、ネットには色んな情報がありますが大体が通り一遍のありふれた情報ばかり。 特に認知症の子に対する情報、このやり方だとまずいな~って情報をよく見ます。 現場で実際にケアを行っているものからすると正直「あまい」って感じ。 一頭一頭 細かい症状は皆違います。 攻撃性が出てくる子や全く食べない子、ぐるぐる周りが激しい子、個々それぞれで症状の出方にも順序があります。 「あれっ」って感じたら私は早い段階で認知症のケアに切り替えます。 認知症になることを悲観し受け入れないより 受け入れてあげて早くケアに入ってあげることが大事です。 昼夜逆転、吠えだす(遠吠えや雄叫びのような)、食べムラがきつくなる、ぐるぐる周り、これらの症状が出だしたから認知症が出てきた。 では ありません。これらは既に進行したあとに出る症状です。 早く見極める、その子に応じたケアを行う、これは現場で実際に看ているプロにしかわからないことも多いです。 寝たきりの子のケアも同じです。 食事の介助も同じ、一頭一頭にケアの仕方があります。 一括りにして「こういうケアをしましょう」を鵜呑みにせず何でも御相談ください。 お預入れを勧めたり営業行為は一切行いません。 愛犬の症状を詳しくお聞きし現場のプロとして一緒に一番良い方法を考えていければと思います。 老犬ホームあん 相談室。 通話無料 0120-905-811 ペースト食やトッピングの簡単な作り方や工夫次第で便利な道具も現場の経験からお伝えできます。 販売目的ではなく犬達と飼い主様が暮らしやすい社会作りの第一歩として 持っている知識や情報はどんどんお伝えします。 同業者様からの御相談も頂いています^^ ワンコ達2^^ お世話になりっぱなしの御近所様から頂いた長野のお土産^^ 美味しくいただきました、ありがとうございます^^ 9-15 425.jpg 9-14 045.jpg 9-14 046.jpg 9-14 047.jpg 9-14 048.jpg 9-14 050.jpg 9-14 049.jpg 9-14 051.jpg 9-14 053.jpg 9-14 054.jpg 9-14 055.jpg 9-14 056.jpg 9-14 052.jpg 9-14 062.jpg 9-14 057.jpg 9-14 061.jpg 9-14 058.jpg 9-14 060.jpg 9-14 059.jpg 9-14 063.jpg 9-14 064.jpg 9-14 066.jpg 9-14 068.jpg 9-14 067.jpg 9-14 065.jpg 9-14 069.jpg 9-14 072.jpg 9-14 074.jpg 9-14 075.jpg 9-14 073.jpg 9-14 070.jpg 9-14 076.jpg 9-14 077.jpg 9-14 078.jpg 9-14 079.jpg 9-14 080.jpg 9-14 081.jpg 9-14 082.jpg 9-14 083.jpg 9-14 084.jpg 9-14 085.jpg 9-14 087.jpg 9-14 086.jpg 9-14 089.jpg 9-14 096.jpg 9-14 091.jpg 9-14 092.jpg 9-14 097.jpg 9-14 093.jpg 9-14 103.jpg 9-14 100.jpg 9-14 104.jpg 9-14 098.jpg 9-14 102.jpg 9-14 099.jpg 9-14 105.jpg 9-14 101.jpg 9-14 106.jpg 9-14 109.jpg 9-14 107.jpg 9-14 108.jpg 9-14 111.jpg ほのぼのします^^ 9-14 110.jpg 9-14 113.jpg 9-14 115.jpg 9-14 116.jpg 9-14 119.jpg 9-14 114.jpg 9-14 117.jpg 9-14 118.jpg 9-14 112.jpg 9-14 122.jpg 9-14 123.jpg 9-14 124.jpg 9-14 120.jpg 9-14 125.jpg 9-14 121.jpg 9-14 126.jpg 9-14 128.jpg 9-14 127.jpg 9-14 130.jpg 9-14 129.jpg 9-14 133.jpg 9-14 132.jpg 9-14 134.jpg 9-14 139.jpg 9-14 136.jpg 9-14 140.jpg 9-14 138.jpg 9-14 135.jpg 9-14 137.jpg 9-14 145.jpg 9-14 144.jpg 9-14 142.jpg 9-14 143.jpg 9-14 141.jpg 9-14 147.jpg 9-14 148.jpg 9-14 146.jpg 9-14 151.jpg 9-14 149.jpg 9-14 150.jpg 9-14 152.jpg 9-14 151.jpg 9-14 155.jpg 9-14 154.jpg 9-14 156.jpg 9-14 153.jpg 9-14 158.jpg 9-14 159.jpg 9-14 163.jpg 9-14 157.jpg 9-14 164.jpg 9-14 161.jpg 9-14 167.jpg 9-14 170.jpg 9-14 168.jpg 9-14 166.jpg 9-14 165.jpg 9-14 169.jpg 9-14 173.jpg 9-14 174.jpg 9-14 172.jpg 9-14 176.jpg 9-14 175.jpg 9-14 177.jpg 9-14 178.jpg 9-14 180.jpg 9-14 179.jpg 9-14 184.jpg 昨日はトリミングだったショコラ、おとなしく賢かったです^^ 9-14 181.jpg 9-14 182.jpg 9-14 186.jpg 9-14 185.jpg 9-14 190.jpg 9-14 191.jpg 9-14 193.jpg 9-14 188.jpg 9-14 187.jpg 9-14 189.jpg 9-14 194.jpg 9-14 198.jpg 9-14 200.jpg 9-14 195.jpg 9-14 196.jpg 9-14 204.jpg 9-14 201.jpg 9-14 203.jpg 9-14 206.jpg 9-14 202.jpg 9-14 205.jpg 9-14 209.jpg 9-14 208.jpg 9-14 207.jpg 9-14 211.jpg 9-14 210.jpg 9-14 212.jpg 9-14 217.jpg 9-14 213.jpg 9-14 216.jpg 9-14 214.jpg 9-14 218.jpg 9-14 215.jpg 9-14 221.jpg 9-14 222.jpg 9-14 219.jpg 9-14 224.jpg 9-14 223.jpg 9-14 225.jpg 9-14 226.jpg 9-14 227.jpg 9-14 229.jpg 9-14 228.jpg 9-14 230.jpg 9-14 233.jpg 9-14 235.jpg 9-14 236.jpg 9-14 234.jpg 9-14 232.jpg 9-14 231.jpg 9-14 240.jpg 9-14 241.jpg 9-14 239.jpg 9-14 237.jpg 9-14 245.jpg 9-14 244.jpg 9-14 243.jpg 9-14 238.jpg 9-14 242.jpg 9-14 247.jpg 9-14 249.jpg 9-14 248.jpg 9-14 250.jpg 9-14 251.jpg 9-14 246.jpg 9-14 253.jpg 9-14 255.jpg 9-14 257.jpg 9-14 258.jpg 9-14 259.jpg 9-14 263.jpg 9-14 261.jpg 9-14 262.jpg 9-14 266.jpg 9-14 265.jpg 9-14 268.jpg 9-14 267.jpg 9-14 264.jpg 9-14 269.jpg 9-14 272.jpg 9-14 271.jpg 9-14 274.jpg 9-14 270.jpg 9-14 273.jpg 老犬ホームにいるシニアワンコ達、持病を持つ子が多いです。 それぞれに対応したケアが24時間必要です。 食事介助、リキとテツ 同じ介助でも仕方は違います。 同じやり方では無理です。 リキ、テツは攻撃性がありません。 攻撃性のある子への食事介助は非常に難しいです。 寝たきりのテツにダックスのくう、床ずれを作らないためにいろいろと行っています。 プロの現場へ何でも御相談ください!! ありがとうございました。